2012年4月11日

【楽天オークションと不動産競売流通協会の業務提携】 

メルマガバックナンバー

この記事は 1分46秒 程で読んで頂けます。

投資ご経験者、これから投資をお考えの方でしたら、一度は競売物件に興味を持たれたことがあるのではないでしょうか。

一般社団法人不動産競売流通協会と楽天オークションは、3月1日に業務提携を行いました。

justice concept, selective focus on nearest part ,lens blur f/x

justice concept, selective focus on nearest part ,lens blur f/x

2社の提携により、地域の活性化、安全な競売不動産取引を進めるための各種教育システム、セミナー開催、資産運用ニーズに応えるサービスの提供が可能になりました。3月からは「981.jp」と楽天オークションのウェブと連動4月からは一般消費者向けの競売セミナーを楽天オークション主催で開催する予定です。

競売不動産の現状は
年間約9万件インターネットで掲載されていますが、約70%以上の物件が不動産業者などの転売業者に落札され、その後一般消費者へ転売されています。

そこで、一般消費者のニーズが高い楽天オークションと提携することにより、競売不動産に興味を持つ間口を広げる効果が見込めるのがねらいです。
さらに一般消費者へ市場価格よりも安価な競売物件を安心して購入できる環境を構築し、不動産競売流通市場の健全な発展を目指すねらいもあります。

 

※不動産競売流通協会とは
不動産競売物件情報の分析と公開、不動産競売流通関係の法制・税制・金融の諸制度の調査研究と改善に向けての政策提言、会員等に対するセミナー・研修等のサービス業務、インターネットによる不動産競売物件の分析と情報公開(サイト981.jp)等、不動産競売物件の需要と供給サポート事業のマッチングを行う機関。