2014年6月25日

【アンケート結果】  賃貸物件の退去リスクにつながりやすい騒音問題

メルマガバックナンバー

この記事は 3分3秒 程で読んで頂けます。

賃貸住宅の空室が埋まった後、次に考えることは”長く住んでもらうこと”です。
そのために退去のリスクにつながる要因を排除することが重要です。今週の不動産ニュースは【賃貸物件の騒音問題】についてお知らせ致します。

賃貸物件における「退去リスクにつながりやすい”音”の要因」について調査結果が発表されました。

9fb2508aec287409ac24320e68201527_s

 

調査 : リクルート住まいカンパニー
時期 : 2014年4月
対象 : 東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県の賃貸住宅在住者

 

それぞれの音の種類により、「音を感じる」「ストレスを感じる」「引越したい」と3段階で回答した結果は以下の通りです。
なお、退去リスクに直結する「引越したい」と感じる割合が多い順に掲載しております。

 

音を感じる ストレスを
感じる
引越したい
76.10% 17.90% 13.60% 外から聞こえる通行人の声や話し声(空)
57.80% 23.20% 13.40% 上または下の部屋の住人の足音(固)
54.20% 24.80% 13.40% 上または下の部屋で物を落としたときの音(固)
51.60% 24.10% 12.50% 隣の部屋の話し声(空)
71.70% 16.70% 12.00% 外から聞こえる車や電車の音(空)
49.50% 22.90% 11.30% 隣の部屋の住人の足音(固)
54.70% 19.50% 10.70% 隣の部屋で扉を開閉するときの音(固)
51.80% 19.10% 9.90% 上または下で扉を開閉するときの音(固)
46.60% 18.10% 8.40% 隣の部屋で物を落としたときの音(固)
32.20% 25.60% 8.30% 上または下で子供が跳びはねたりする音(固)

 

※音の種類
(固)…固体音
(空)…空気音

話し声や足音等、「引越したい」と思う上位4つは人による音になります。最も多い割合でも13.6%と少ないように見えますが、7人に1人が退去を望んでいると考えればハイリスクと言えるでしょう。

これら騒音問題の解決方法として、入居者の希望が多いのは
79%  二重窓に変更する
77%  床に防音タイルカーペットを敷く
76%  防音室仕様のリフォーム
75%  床下の厚みのある遮音シートを敷く

とりわけ二重窓と遮音シートについては家賃が上がっても希望する声が多数あったようです。

 

上記の10項目のうち9項目が、本人以外の入居者の生活音による騒音になります。入居者にとっては住んでみて初めてわかることであったり、住んだことのないオーナー様には気づきにくい問題ですが、退去リスクを減らすために、検討されてはいかがでしょうか。

また退去理由をヒアリングしたり、現在の入居者に向けて満足度アンケートを実施したりと、長く住んでもらうための対策を練る材料とするのもおすすめです。