2013年7月31日

【賃貸住宅 設備ニーズ調査】  バイク置き場と駐輪場のニーズは

メルマガバックナンバー

この記事は 2分17秒 程で読んで頂けます。

対象 : 2012年9月~2013年3月に首都圏の賃貸物件に賃貸契約を行った人
有効回答数 : 1137件(内訳 ひとり暮らし791件、ふたり~ファミリー346件)

 

上記の対象者の回答を基に、入居者ニーズと意識調査を行いました。

 

その中から、「バイク置場を必要とするか」「駐輪場を必要とするか」「設備・仕様として最初からついていてほしいもの」のデータを見てみましょう。

まず、「バイク置場を必要とするか」ですが

全体 ひとり暮らし ふたり~
ファミリー
屋根付きの
バイク置場が必要
38.4% 38.4% 38.4%
セキュリティが高い
バイク置場が必要
21.2% 23.4% 16.2%
バイク置場自体が
あれば十分
17.2% 16.1% 19.7%
必要ない 32.6% 32.9% 32.1%

 

どのようなバイク置場であれ、必要としているのは、全体の7割を超える結果となりました。

2009年の同調査では、バイク置場を必要としているのは4割でしたので、需要が一気に高まりました。その背景には、若者の車離れが進み、経費の安いバイクを
所有している人が増えているのではないでしょうか。需要に対して供給が間に合っていないという声も聞かれます。

 

次に「駐輪場を必要とするか」では

全体 ひとり暮らし ふたり~
ファミリー
屋根付きの
駐輪場が必要
67.1% 63.6% 75.1%
セキュリティが高い
駐輪場が必要
16.4% 18.3% 11.8%
駐輪場自体が
あれば十分
21.0% 23.4% 15.6%
必要ない 5.7% 6.2% 4.6%

 

どのような駐輪場であれ、必要としているのは94%を超え、屋根付きの駐輪場を7割弱の人が必要としている結果となりました。

 

結果として、賃貸住宅には駐輪場は不可欠、さらにバイクも置ける屋根付きのものを作れば入居者のニーズに応えることができるということがわかりました。
賃貸住宅の空室対策に有効な対策法だと思います。